top of page

社長のリーダーシップ第1回ーリーダーシップの基本原則

更新日:2022年10月3日

毎週水曜日7:00は、いちご会計事務所主催 オンライン社長塾です。

今回も5名の方がオンラインで参加されました。


儲けをだす経営システムを作り上げても、それだけではパワーを生み出す事はできません。

この経営システムを実行するのは人がいて、初めてパワーが生まれます。

この時に大事な要素がリーダーシップです。

社長のリーダーシップ力が高ければ、それだけ社員は自発的に仕事をするようになるので、

それだけ業績は良くなります。

逆に社長のリーダーシップ力が低ければ、従業員は消極的に仕事をするようになるので、当然業績は悪くなります。


今日の講義では、第1回としてリーダーシップの基本原則を解説しました。


リーダーシップの構成要因として、竹田陽一先生は、


①自分の会社の業績をなんとしても良くしたいという、熱意、願望、向上心

②従業員との人間関係を良くする「人間学」

③経営するのに欠かせない「経営戦略額」


があると説明され、それぞれのウエイトを①57%、②29%、③14%であると解説しました。さらにリーダーシップにおいては、精神論である①を除くと、②67%:③33%となり、人間学の方が重要となります。


人は論理や損得だけで動くのでは無く、心に大きく作用されて動いています。

この人なら信じて行こうという、社員の気持ちが無ければ、経営はできないということですね。


 

オンライン社長塾では、毎朝水曜日7:00よりこのような社長の戦略実力を上げる講義を行っています。

ランチェスター経営で著名な竹田陽一先生のDVD教材を中心に、寺子屋方式の講義を行っています。


ご興味ある方は、以下のURLより詳細をご確認ください。

Opmerkingen


bottom of page