top of page

テレワークに関して、九州の企業の54%がフル出社希望

更新日:2022年9月2日



8/5の西日本新聞の記事で、興味深いものを見つけました。


九州企業の54%「フル出社希望」 政投銀九州支店調査


有料会員限定なので、記事は読めないかも知れません。

そこで記事を要約しますと、


日本政策投資銀行九州支店が「ウィズコロナ、アフターコロナ」で理想的な出社割合を尋ねた設問に、九州では全産業の54%の企業が「10割出社」を希望すると回答したというものです。

全国平均を11ポイント上回る高さとのことで、九州は「職住近接」の環境であることも影響しているとみられる、と記事は結んでいます。


今回調査は九州全体なので福岡ではありませんが、非常に興味深い記事です。


ちなみに、内閣府の6月調査では東京23区では50.6%の企業がテレワークを実施し、地方では22.7%の企業が実施しています。

逆に、この数年間で、ここまで進んでしまったテレワークを、またフル出社に戻すことはできるか、ということも考えます。


ただいえることは、地域性というものは考えておかないといけないと言うことです。

全国平均で考えると、結構間違えてしまうかもしれません。



=========================================

福岡の地域性をふまえて、福岡でビジネスをする上で大事なことをまとめた、小冊子を書きました。ご興味ある方は、以下のlinkに詳細があります。



bottom of page