top of page

福岡市のビジネスでは、人口増加率4.79%に注目する

更新日:2022年9月2日

人口動態はBtoB、BtoC、どちらの商売においても大事な要因です。

では、福岡市の人口に関しては、現在どうなっているのでしょうか?


福岡市の人口は、2020年度国勢調査によれば1,612千人(図1)となっています。

この人口は政令指定都市での比較で全国4位となっており川崎市、神戸市よりも多い状態です。

また2015年から2020年の間の比較では、人口増加数が73,711人で増加率4.79%となっています。この数字は政令指定都市で全国一位となっている街です(図2、図3)。

ちなみに、東京都の人口増加率が4.97%ですので、いかに地方都市でありながら福岡市が急激に人口を増加させているかということになります。


福岡では再開発が行われている関係で、非常に建設関連と不動産が産業として伸ばしていますが、このような著しい人口の伸びもマンション等の住宅需要を押し上げている要因となっており、福岡市内及び周辺部でのマンション建設工事や戸建住宅が増加する要因となっています。


福岡でビジネスをするに当たっては他の地域とは違う、このような環境変化を頭に入れておかねばなりません。

特に、人口増加しているとしてというのは、地方都市にあっては少ない状況であり、この点のプラスの部分、マイナスの部分などに分けて、考えておく必要があると思います。

人口増加に比して本来ならば業績が上がるような業種ー飲食業、小売業、卸業者などは、この流れに沿っているのかは、点検しておく必要があります。


(図の出典は、公益財団法人福岡アジア都市研究所「FUKUOKA Growth 2022」より)


 

このような、福岡でビジネスをするには、どんなことに気をつけるべきかという冊子を作りました。

もし、ご興味ある方は以下のリンクからお申し込みください。

Comentários


bottom of page